ニッケルハルパの歓び


日本ニッケルハルパ協会の公式ブログです
by harpare0003
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ワークショップとレイフ・アルプショー氏について

レイフ・アルプショーの合宿研修について

                 
2008年10月、日本ニッケルハルパ協会がレイフ・アルプショーを日本に招聘。会員向けの講習会や、スウェーデン大使館、NHK包装博物館等でのコンサート、数々の交流の集いが開催されました。

中でも連続講習会開催、そして希望者への個人レッスンは、日本のスペルマン(ニッケルハルパ、フィドル) 育成に意義のあるものとなり、最終日に開催したレイフのステンマは、多くの日本のスウェーデン民族音楽関係者に現地の雰囲気を伝えるものとなりました。

現地スウェーデンにニッケルハルパの演奏者はたくさんいますが、教育者という立場で活動する人は多くはありません。当協会を設立時から支援する Per-Ulf Allmo氏 の推薦によりレイフ招聘を決定し、それは大変良い結果を生みました。


その時の Per-Ullf 氏の推薦の理由は、

「彼は、
初心者から熟練者まで、子どもから老人まで、
あらゆるスペルマンの一人一人の問題点を考慮し、
その人に最も適切なアドバイスが出来る教育者です」

とのことでしたが、
それは日本で指導を受けた人が実感することとなりました。

その2年後の2010年、もう一度彼の指導を受けたいという熱心な協会会員の要望により、第一回のエルヴカーレビー合宿が開催されました。この時は、現在の合宿施設は建設中で、日本人5名+スウェーデン人2人の少人数のコースでした。

翌年2011年には合宿所も完成し、レイフがドイツ、イギリス、スイス、アメリカ、そして日本に呼びかけて第二回の開催となり、日本からは2名の参加でした。そして講師には初心者への手ほどきに定評のあるエドワード・アンダションを迎え、アシスタントには2010年のペートルスに加えて若手ホープ、トールも加わり、より充実した研修内容となりました。

以上がこれまでの経緯です。



今回の第三回は、当協会が日本からの申込み、問合せの窓口となります。
ご遠慮なくご相談下さい。
ただし、アーランダ空港までの行き帰りの渡航は関与いたしませんので、ご了承下さい。

         
  
                     日本ニッケルハルパ協会会長 鎌倉和子

【注意!】
昨年のこのワークショップが大変好評で、参加者の2年連続申込みもあり、
すぐに定員に達する可能性があるので申込みは急いだほうが良い!
と、当協会顧問パールウルフ氏からの連絡があったことをお伝え致します。
[PR]
by harpare0003 | 2012-01-01 00:00 | スウェーデン情報
日本ニッケルハルパ協会のホームページはこちらです。

日本ニッケルハルパ協会


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧